11歳になる愛犬、ミニチュアダックステディーとの日々の日記です。2006年6月末に渡米し今現在アメリカのオハイオ州コロンバスで暮らしています。(2007年5月28日永眠しました)


by hot-dog-teddy

犬連れ渡米の手続き~②渡米後2年間帰国しませんか?


※私は犬連れ渡米をまだ経験した事がないので、ここからお話することは、全て私が沢山調べてきた結果、現時点でこうだろうと理解していることになります。勘違いしている部分などもあるかも知れませんがご了承下さい。(もし間違いに気付いたら教えてください!自分で気付いた時は訂正して行きますね。)


犬連れでの渡米、実は2年以内に日本へ帰国する予定は無いという場合には、それほど複雑な手続きは必要ありません。

日本は狂犬病が50年以上発生していない狂犬病免除地域(Rabies-free country)なので、実はアメリカ(ハワイやグアムを除く)への入国は簡単なようです。

アメリカ入国の際に必要とされるのは、狂犬病の予防接種証明書、たったこれだけなんです。(予防接種は出国前1年~3ヶ月前までに済ませておく)

また、生後3ヶ月以下の子犬の場合は接種の必要はありません。

※最終終着地の州や地区によっては健康証明書の提出を求められることもあります。利用する航空会社によっては健康診断書が無いと受け付けてくれないところもあるので気をつけて下さい。 飛行機の長旅前ですから、個人的には自分のワンコの健康状態を詳しく知るために、健康診断書の提出の必要が無かったとしても健康診断を受けさせてあげたほうが良いかなと思います。ついでですから、ね♪



このように渡米後2年以内の帰国が無い場合には

①狂犬病予防接種証明書の用意。(提出を求められても後で困らないように自分用にコピーをとっておくと安心ですね。)

輸出検査申請書の提出。(日本を出国する為の手続きとして必要。出国日の1週間前までに検疫所に連絡をする。)

この2つを事前にしておき、後は出国当日に空港で

①輸出検査(空港検疫所での健康チェック)

②英文の「輸出検疫証明書」の受け取り。(検査後、健康面に問題が無ければ英文の輸出検疫証明書をその場で作成してもらえる。)

この2つを終えればもう準備完了のようです。

日本を出国するための手続きをきちんとしていればアメリカ入国に関しては特に問題がないみたいですね。

マイクロチップの装着や狂犬病の抗体検査も出国時までに必要というわけではないですし、ややこしい手続きは全然無くて簡単ですね。



ただですね・・・2年間絶対日本に帰国しないって・・・言い切れますかねぇ???



私も始めは、準備が大変そうだし、とりあえずアメリカ入国だけパス出来れば・・・なんて思っていました。

でもやっぱり、人生何があるか分かりません。

アメリカに移住しても私の家族や友人は日本にいる訳ですから、何かの用で緊急帰国をしなくてはいけなくなる可能性って充分あると思います。

例えば友達や兄姉が結婚がするとか、家族の誰かが病気になったとか・・・色々考えられますよね。

帰国期間が短期ならアメリカの病院やペットホテルに預けるという事も考えられますが、長期となっては・・・日本に一緒に連れ帰ってきたほうがテディーの性格からも良いかと思います。

こんな緊急に帰国が必要になった時、連絡を受けてから日本入国の為の準備をアメリカで始めたとしたら?

すぐに日本に帰りたくても、日本の入国に必要な手続きを済ませない限りテディーを連れて来れません。

そしてその入国に必要な手続きには・・・・相当の時間がかかります(7ヶ月以上前からの準備が必要)!!!

もし入国に必要な手続きをせず日本へ連れてきたとしても、一緒に家に帰ることなんてできません。

空港で最長180日間も係留されることになるんです。

それだけは絶対に避けたい!!!

みなさんもきっと同じ気持ちじゃないでしょうか。長いフライトで疲れた大切なワンコを180日間も係留させるなんて・・・


一つの大切な命を運ぶのですから、飼い主の責任として「知らなかったから」なんて事にだけはならないようによーくよーく調べてあげてくださいね。


色々考えた結果、私はいつ必要となるかわからない万が一の緊急帰国に備え、テディーに少しでも負担がかからないよう、全ての手続きを日本で済ませてから渡米することに決めました。

日本入国に必要な手続きさえ済ませていれば、出国後2年間は緊急に帰国しなくてはいけない、となった時空港で係留される時間を大幅に短く出来るんですから。(12時間以内と言われてますがほとんどが1時間以内で済むみたいですよ。帰国したその日に一緒におうちに帰れるんです。)

あ、日本帰国の際は必ず到着40日前までに入国の届出が必要になる、と農林水産省のホームページにもありますが、成田空港の検疫所に電話して確認したところ、例えば家族が入院したなどの緊急の際は届出に関しては考慮していただけるとのことでした。

つまり、「日本入国に必要な手続き」が済んでいる場合に限って、渡米後2年間の緊急時にはいつでもすぐワンコと一緒に帰国できる!ということですね。



さて、とりあえず今日は2年以内の帰国が無い場合のお話をしました。


明日は2年以内に帰国する予定(可能性)のある場合にする手続き、「日本入国に必要な手続き」についてお話をしようと思います。

この「日本入国に必要な手続き」がちょっとややこしい・・・


でもでもでもぉ~、可愛い可愛いワンコの為ですから、頑張って乗り切りましょう!!!



気持ち良さそうに陽の当たる部屋で眠るテディー。
e0055749_2331452.jpg

あんまりかわいいからもっとアップで♪♪♪
「あっ、起きちゃった!!!ごめん・・・」
e0055749_2353588.jpg

[PR]
by hot-dog-teddy | 2006-03-08 20:07 | テディーの渡米準備